事務局からのお知らせ
事務局からのお知らせ
2020/8/31 【重要】同好会行事(含む全体行事、教室)の継続自粛要請(2021年3月末まで)

2020年8月31日

社友会会員

各位

                            理事長 御代川 善朗

 

同好会行事(含む全体行事、教室)の継続自粛要請(2021年3月末まで)

 

新型コロナウイルス感染症に対し皆様方安全、安心を第一優先とした行動をされておられ、また同好会行事の自粛にご協力いただいておりますこと深く感謝いたします。

 

さて、社友会理事会は2月17日、「不要不急の集まり」を控えるようとの政府からの呼び掛けに対して、同好会行事(含む全体行事、教室)を5月10日まで自粛するように要請するとともに支部総会の開催中止を決定しました。その後も大都市部を中心に感染者数は増加し、医療崩壊が危惧される状況となったことから、4月6日に、更に1カ月(6月10日まで)延長して自粛要請させていただいております。

その後4月16日には、全国に緊急事態宣言が発出され、5月31日まで延長されておりましたが、政府より5月26日に緊急事態宣言、および各都道県からの緊急事態措置は全面解除との発表がありました後もさらに8月末までの自粛要請の継続をお願いしておりました。

一旦は終息に向かうかに見えましたが、その後も大都市部だけでなく全国で感染者数は増加し、各地で医療崩壊が危惧される状況となっており、各自治体で独自の緊急事態宣言が出され再度の全国での緊急事態宣言発出の可能性もあります。

このような状況で、理事会は、各支部の皆様のご意見もお伺いし、8月25日臨時理事会を開催しコロナウイルス感染症に対する社友会の対応を検討致しました。

社友会活動にとって最も大切なことは、「安全・安心の確保」です。社友会会員は、ほとんどが高齢者で基礎疾患を有している方も多く、ハイリスクであり、最も注意を払う必要があります。また、今年は猛暑が続いており、マスクの着用は必要ですので熱中症のリスクも高くなっています。さらに、この秋から冬にかけてはインフルエンザ感染症の流行も危惧されます。理事会は、各支部のご意見から、新型コロナウイルス対策は全国レベルで取り組むべきと考え同好会行事(含む全体行事、教室)をさらに(2021年3月末まで)自粛要請することにいたしました。

なお、4月以降の対応(自粛要請解除した場合の対応を含む)については、12月の理事会までに検討いたしたいと考えおります。

 

会員の皆様方におかれましては、状況をご賢察の上、引き続き、安全、安心を第一優先とした行動をお願いいたします。

« 一覧へ

ページトップへ